読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

I Can't Win Forever

Anorak citylightsの日記部門です。

EARR

f:id:ongakushitz:20161105104758j:plain
2015年の末頃から今まで、自分はずっと闇の中にいるみたいだった。考えて悩んで試行錯誤して、出した答えがまた悪い方に転んで、もう全て投げ出してしまいたかった。音楽を聴いても楽しくない、新しいレコードを買っても嬉しくない。味のないガムをいつまでも噛んでいられるほどアホじゃなかった。とにかく毎日心の中でブラックフラッグのセカンドが鳴っているような気持ちだった。ジャケットのアイツがこっちを見ている。
そんな状況を打破したくて、僕はようやく重い腰をあげて行動することにした。動いている間は生きている実感が持てて、夜ご飯を美味しく食べる事ができた。
行動できたキッカケは9/19のKiliKiliVilla企画に行ったことだ。実に半年ぶりくらいにパンク現場に足を運んだ訳だったのだけど、色んな人が心配してくれて声をかけてくれた。それが凄く嬉しくて、何だか外の世界の暖かさみたいなものを感じたのです。
後日すぐに足利のCAR10企画を観に行って、10/22はlostage主催のライブイベント「生活」にNOT WONKが出たものだから、KiliKiliVillaクルーにスタッフとして混ぜてもらって芋煮を売った。旨かったなー。NOT WONKのライブは貫禄すら感じられるぐらい最高だったし、川田くんとか与田さん、福井さんと沢山話せて楽しかった。たまにはこんな日があってほしいし、なんなら毎日こんな日が続けばいい。
芋煮を作るために家に安孫子さんが来たんだけど、10代の頃からのヒーローが普通に家の風呂に入って自分の妻や娘と話している光景はめちゃめちゃ不思議。でも最高。生きるって最高だよね。
KiliKiliVillaブースの横で出店してたモルタルレコードでDischarming manの新しい7インチを買った。会計をする時に店長の山崎さんから「もしかして、アライくん?アライくんだよね?」と言われて、誰だよって思ったけど元気よく「はい!アライです!」と答えておいた。僕の事はこれからアライと呼んでください。
f:id:ongakushitz:20161022171245j:plain
f:id:ongakushitz:20161022184552j:plain
f:id:ongakushitz:20161022171239j:plain